ブラッシュアップセミナー2020の中止について 6/19掲載

本年のセミナーについて,第23回日本臨床救急医学会学術集会と併催にて準備を進めて参りましたが,新型コロナウィルス感染の国内情勢を鑑みて,社員総会において協議した結果,開催中止の判断に至りました.
以上,よろしくお願いいたします.

インストラクター資格等の特例措置について 6/8掲載

JPTEC協議会会員の皆様

 

新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、2020年2月より全国各地においてJPTECコースが中止・延期されていることから、「登録の有効期間の特例」が適用される旨をお伝えいたしました。
しかしながら、その後も感染拡大は収束せず、コース開催の自粛は継続され,いまだに先の見通せない状況が続いております。
これらの情勢を鑑みて、令和2年度理事会及び社員総会(5月23日開催)において、先の「登録の有効期間の特例」を見直し、「JPTEC資格の特例措置」を行うことを決議しました。
決定事項は次の通りです。
-----------------------------------
1) インストラクター資格については、指導履歴の更新要件を満たさなくても資格の更新申請ができること
2)その他については、事務局長会(本部事務局、指定地域組織事務局長等で構成)で協議すること
-----------------------------------
1)の詳細は次の通りです。
【インストラクター資格への特例措置】
2020年2月29日時点で、インストラクター資格が有効であった者は、指定地域組織の代表が定めるコースが適正に開催できると判断した日(x-day)から起算して6か月を経過した日の月末までの間にインストラクター資格の資格有効期限の満了日を迎える場合、指導歴が更新要件を満たしていなくても,イントラ更新申請ができる。
【Q&A_インストラクター編】を参考にして下さい。

 

例) インストラクター認定日 2016/3/1 資格有効期限 2016/3/1-2020/3/31
更新申請後          資格有効期限 2016/3/1-2022/3/31

 

2)の詳細は次の通りです。
【プレインストラクター資格への特例措置】
2020年2月29日時点で、プレインストラクター資格、プロバイダー資格がともに有効であった者は、指定地域組織の代表が定めるコースが適正に開催できると判断した日(x-day)から6か月を経過した日の月末まで、コースで指導することができ、コース終了日の月末を基準日として、プレインストラクター資格を1年延長する。
【Q&A_プレインストラクター編】を参考にしてください。

 

例)プレインストラクター有効期限 2019/4/1-2020/4/30、プロバイダー有効期限 2017/10/3-2020/10/31
2020/9/1にコースで指導
プレインストラクター有効期限 2019/4/1-2021/9/30、プロバイダー有効期限 2017/10/3-2020/10/31

 

【プロバイダー資格への特例措置】
2020年2月29日にプロバイダー資格が有効であった者は、指定地域組織の代表が定めるコースが適正に開催できると判断した日(x-day)から6か月を経過した日の月末まで、更新コースを受講できる。
【Q&A_プロバイダー編】を参考にしてください。

 

例)プロバイダー有効期限 2017/4/3-2020/4/30
2020/8/1に更新コースを受講
プロバイダー有効期限 2017/4/3-2023/8/31

「登録の有効期間の特例」の適用について 2020/04/15掲載

JPTECコース受講者の皆さま

 

「登録の有効期間の特例」の適用についてご案内いたします.
新型コロナウイルス感染拡大防止のために,JPTECコースへの参加又はコース開催を自粛されたとの声が寄せられています.
連絡調整委員会ではこの状況を真摯に受け止め,緊急で協議を行い,会員及び資格を有する方々の不利益とならぬように規則第10条(登録の有効期間の特例)の適用を決定しましたので,次の通りお知らせします.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
連絡調整委員会決議事項【議案200229号】
規則第10条の「理事会の決定」に関する内規(5)に「新型コロナウイルスの感染拡大に対する備え」を適用する.
なお「事由が消滅した日」の認定に関しては,国内における新型コロナウイルスの感染症情報を踏まえて別途通知する.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
皆様におかれましては健康管理に留意していただき,日々を健やかに過ごされることをお祈りいたします.

 

※規則第10条の「理事会の決定」に関する内規
(5)JPTECインストラクターの資格を有する者、JPTECプレインストラクターの登録を受けている者又はJPTECプロバイダーの資格を有する者が,上記以外の事由でコースに参加できなかった場合は,当該事由について連絡調整委員会で決議し,必要があれば本規定に加えることができる.

「登録の有効期間の特例」の適用について

JPTEC協議会会員の皆様

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のために,JPTECコースへの参加又はコース開催を自粛されたとの声が寄せられています.
連絡調整委員会ではこの状況を真摯に受け止め,緊急で協議を行い,会員及び資格を有する方々の不利益とならぬように規則第10条(登録の有効期間の特例)の適用を決定しましたので,次の通りおり知らせします.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
連絡調整委員会決議事項【議案200229号】
規則第10条の「理事会の決定」に関する内規(5)に「新型コロナウイルスの感染拡大に対する備え」を適用する.
なお「事由が消滅した日」の認定に関しては,国内における新型コロナウイルスの感染症情報を踏まえて別途通知する.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
会員の皆様におかれましては健康管理に留意していただき,日々を健やかに過ごされることをお祈りいたします.
なお,本件に関してのお問い合わせは,指定地域組織の事務局へお願いいたします.

 

※規則第10条の「理事会の決定」に関する内規
(5)JPTECインストラクターの資格を有する者、JPTECプレインストラクターの登録を受けている者又はJPTECプロバイダーの資格を有する者が,上記以外の事由でコースに参加できなかった場合は,当該事由について連絡調整委員会で決議し,必要があれば本規定に加えることができる.

テキスト発刊のお知らせ(ガイドブックならびにファーストレスポンダーコース)

ガイドブックならびにファーストレスポンダーコースのテキストの修正・追記が行われ補訂版が刊行されます。

 

令和2年1月10日

 

改定第2版補訂版 JPTECガイドブック
ISBN978-4-89269-989-4

 

JPTEC外傷のためのファーストレスポンダーテキスト<補訂版>
ISBN978-4-89269-990-0

JPTECとして、4種類の一般医療機器を外傷現場で取り扱うための内容を含んだ記載に修正されています。
ぜひ、購入頂き、活用をお願いします。

JPTECブラッシュアップセミナー2019ご参加ありがとうございました

JPTEC Instructer Management System

2019年6月1日(土)和歌山県民文化会館 大ホールにてJPTECブラッシュアップセミナー2019が催され、200人余りの方に出席いただきました。
第22回日本臨床救急医学会学術集会共催によります本セミナーは、次回から新設されたJPTEC協議会セミナー部会の企画のもと、永続的に日本臨床救急医学会学術集会のプログラムとして開催されることとなります。


【お知らせ(第5報)】ブラッシュアップセミナー2019

JPTEC協議会会員各位

 

「JPTECブラッシュアップセミナー」のプログラム(確定版)をお知らせ致します.
多くの皆さまのご来場をお待ちしております.
JPTECブラッシュアップセミナー2019の
>>>チラシはこちら<<<
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【JPTECブラッシュアップセミナー2019】 以下,敬称略
日程:2019年6月1日(土)
時間:9:00〜11;30
会場:和歌山県民文化会館 大ホール(第1会場)
座長:須田志優(岩手県立磐井病院)
   高橋栄治(沼田脳神経外科循環器科病院 救急科)

 

1.挨拶:坂本哲也(帝京大学医学部救急医学講座)

 

2.報告:「作業部会及び委員会の活動」
  総務部会:一柳 保(高野町消防本部)
  財務部会:張替喜世一(国士舘大学大学院救急システム研究科)
  制度部会:山崎元靖(済生会横浜市東部病院救急科)
  試験部会:早川達也(聖隷三方原病院)
  学術部会:山隼人(長崎大学病院地域医療支援センター)
  Web会員情報管理システム委員会:金子 洋(名古屋市消防局)
  セミナー部会設立委員会:須田志優(岩手県立磐井病院)

 

3.報告:「消防本部、地域MC協議会、消防学校等におけるJPTECの現状」
 ・鍬形玲介(日高中部消防組合,JPTEC北海道)
 ・白井泰延(川崎市消防局,JPTEC関東)
 ・海野 誠(静岡市消防局,JPTEC中部)
 ・関根和弘(京都橘大学健康科学部救急救命学科,JPTEC近畿)
 ・山下直樹(大川広域消防本部,JPTEC中国四国)

 

4.情報提供:「骨盤固定具に関するテキスト」について
 ・学術部会:山隼人(長崎大学病院地域医療支援センター)

 

5.報告:「離島・島嶼部・へき地におけるJPTEC活動報告」
 ・高柳善宣(八戸地域広域市町村圏事務組合消防本部,JPTEC東北)
 ・本間孝則(佐渡市消防本部,JPTEC東北)
 ・田島和広(いちき串木野市消防本部,JPTEC九州)

 

6.質疑応答
−−−−
以上

【お知らせ(第4報)】ブラッシュアップセミナーの参加に関するFAQ

JPTEC協議会会員各位

 

セミナー部会設立委員会において,JPTECブラッシュアップセミナーの参加等についてお寄せいただいた質問とその回答を,FAQとしてまとめましたので参考にして下さい.
JPTECブラッシュアップセミナー2019の
>>>チラシはこちら<<<
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【ブラッシュアップセミナーの参加に関するFAQ】Ver.190512
1)セミナーの聴講について
 ・学会の参加登録者であれば,誰でも無料でセミナーを聴講できます.
 ・JPTECの資格をお持ちの方でも,聴講には学会参加登録が必要です.

 

2)セミナーの参加を指導実績として登録することについて
 ・セミナーの参加は1回分の指導実績に置き換えて登録されます.
 ・ただしセミナーに複数回参加しても,登録期間内における指導実績への置き換えは1回が上限です.
 ・本件はインストラクターだけに適用されるもので,それ以外の資格には該当致しません.

 

3)セミナー参加の証明について
 ・当日は受付で「参加確認証」を配布いたしますので,必要事項を記載して回収箱へ投函してください.
 ・後日,ご所属の地域事務局で実績を登録いたしますが,記入漏れや回収漏れの場合には,実績としての証明はできかねます.
 ・参加確認証にはインストラクター番号の記載欄がありますので,あらかじめ確認しておいて下さい.

 

4)遅刻について
 ・開演時刻以降の入場は,遅刻と見なします.
 ・交通手段は遅刻の理由となりませんので,時間に余裕をもってご来場下さい.
 ・遅刻の場合,聴講は可能ですが,参加確認証をお渡しすることはできません.

 

5)早退について
 ・座長による終演の言葉またはプログラムに記載された終了予定時間より以前の退場は,早退と見なします.
 ・早退は可能ですが,参加確認証は回収いたしません.

 

6)学会行事等のために遅刻する場合について
 ・学術集会の運営に不可欠な役割のために,やむを得ず遅刻する場合には,事前にご所属の地域事務局長に届けることで,参加確認証をお渡しできることがあります.
 (判断基準)
 ・・申請者が,講演発表者,座長またはコメンテータであることが学会抄録等で確認できること
 ・・上記の役務が,セミナーの開催時間帯に重複していること.
 ・・セミナーの所要時間の50%以上を聴講できること.

 

7)学会行事等のために早退する場合について
 ・学術集会の運営に不可欠な役割のために,やむを得ず早退する場合には,事前にご所属の地域事務局長に届けることで,参加確認証を回収させていただくことがあります.
 (判断基準)同上

 

8)録音および撮影(写真・ビデオ等)について
 ・会場内では,許可を得ていない方の録音,写真撮影,録画等を禁止しております.

 

9)配付資料について
 ・配付資料の複写は認めております.

 

10)その他
 ・会場での飲食および喫煙は禁止しております.
 ・携帯電話をお持ちの方は,マナーモードに設定を切り替えていただくか,電源を切り下さい.
 ・発言を希望される方は挙手をしていただき,司会者の許可を受けた後にお願いします.発言の際には,所属と氏名をお申し出下さい.

 

以上

オフィシャルサイトリニューアルしました

スマートフォンに対応したサイトにリニューアルしました。
WebシステムはこれまでどおりPCバージョンとなります。
サイト管理者

認定料等の返金(振込)に際しての振込手数料ご負担のお知らせ

JPTECインストラクターの皆様

 

認定料等の返金(振込)に際しての振込手数料ご負担のお知らせ

 

 これまで当会では、認定料・更新料等の金額を誤って納付された方へ返金する際、振込手数料を当会が負担しておりました。しかしながら、誤納付の件数増多に伴い、手数料負担が過大となってきました。
この状態を是正するべく、誤納付により返金する方へは、振込手数料を差し引いて手続きさせて頂くことが理事会で承認されました。

 

 本件については、2019年2月1日の送金分より実施させて頂きますので、皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。
皆様におかれましては、誠に恐れ入りますが、お振込みの際には金額等よくご確認のうえお振込み頂きたく、今後とも何とぞ宜しくお願い申し上げます。

 

2019年1月23日

 

一般社団法人 JPTEC協議会
事務局長

トップへ戻る