インストラクター資格等の特例措置について 1/21掲載

JPTEC協議会会員の皆様

 

JPTEC協議会事務局長及び各指定地域組織事務局長(以下、事務局長等)は、理事会決定事項(2020年5月23日)に基づき「COVID-19によるJPTEC資格の特例措置」を運用しているところです。
しかし、今もCOVID-19感染症については収束の兆しが認められず、JPTECコースを開催し難い状況が続いていることから、当該特例措置の運用に際して一部を改正する提言を行い、理事会での承認を得ました。
従前の特例措置で改正された点は次の通りです。
-----------------------------------
1)2020年3月1日以降、新たに認定・登録した者を適用の対象に加える。
2)適用期間を1年間延長して、2023年2月28日を期限とする。
-----------------------------------
「COVID-19によるJPTEC資格の特例措置」2021年1月21日一部改正
連絡調整委員会での決議(議案201219号)による新型コロナウイルス感染拡大防止のための特例措置については、JPTEC定款施行規則第10条の定めに基づき以下のとおりとする。
(1) 2020年2月29日現在においてJPTECインストラクターの資格を有する者及び2020年3月1日以降に新たにJPTECインストラクターの資格を取得した者は、2020年2月29日から登録された指定地域組織の代表が定めるコースが適正に開催できると判断した日から起算して6か月を経過した日の月末までの間にインストラクターの資格有効期限満了日を迎える場合は、定款施行規則第9条第4項に定めるコースの指導回数の要件を満たしているとみなす。

 

【Q&A_インストラクター編】を参考にして下さい。

 

(2) 2020年2月29日現在においてJPTECプレインストラクターの登録を受けている者又はJPTECプロバイダーの資格を有する者が、新型コロナウイルスの感染拡大に対する備えのためにコースに参加できなかった場合は、職場又は居住地を管轄する指定地域組織の代表が定めるコースが適正に開催できると判断した日から起算して6か月を経過した日の月末まで、それぞれの登録の有効期間を延長することができる。

 

【Q&A_プレインストラクター編】を参考にしてください。
【Q&A_プロバイダー編】を参考にしてください。

 

(3) 前項の規定は、2020年3月1日以降に、新たにJPTECプレインストラクターの登録を受けた者及び新たにJPTECプロバイダーの資格を取得した者に適用する。
(4) 指定地域組織の代表が定めるコースが適正に開催できると判断した日は、別に定める。
(5) 本特例措置は、2023年2月28日に廃止するものとする。

JPTECブラッシュアップセミナー2022について 5/24更新

第25回日本臨床救急医学会学術集会に併催してJPTEC協議会ブラッシュアップセミナー2022を開催いたします。
セミナーの開催形式は現地開催のみの予定でしたが,学術集会の方針の変更に伴い,Webを併用するハイブリッド開催に変更いたします.

 

JPTECブラッシュアップセミナー2022
開催日時・会場
最初のご案内から開催日時が変更されていますのでご注意ください。
----------------------------------------------------
1)開催日時・会場等について

 

日時:5月26日(木),14時50分?17時20分
現地参加は,第8会場(大阪国際会議場3F イベントホールA)
Web参加は,Live開催のみ(オンデマンド配信はありません)

 

2)参加実績について

 

下記条件をすべて満たす場合,Webシステムへ参加実績を登録できるように準備
を進めています.
・JPTECインストラクターであること(認定番号で確認いたします)
・学会参加登録者であること(領収書番号で確認いたします)
・セミナーで発表するキーワードをすべて回答できること
・セミナーでお知らせする方法で申請すること
----------------------------------------------------

 

要 件:第25回日本臨床救急医学会総会・学術集会への参加登録を済ませていること

 

JPTECブラッシュアップセミナー2022が,皆さまにとって有益なセミナーとなるように準備を進めております.奮ってご参加ください.

 

「JPTECコースの現状と課題,今後の展開に向けて」
司会:連絡調整委員長 須田志優(岩手県立磐井病院),早川達也(聖隷三方原病院)
演者(敬称略,順不同)
JPTEC北海道:大滝 達也(上川北部消防事務組合,北海道)
JPTEC東北:若松 淳(弘前医療福祉大学短期大学部 救急救命士科,青森県)
JPTEC関東:菊地 誠二(陸上自衛隊 衛生学校教育部,東京都)
JPTEC中部:早ア栄里子(志太広域事務組合志太消防本部,静岡県)
JPTEC中部:広浜 利明(蒲郡市消防本部,愛知県)
JPTEC近畿:中澤 聡(東近江行政組合消防本部,滋賀県)
JPTEC近畿:楠本 光浩(田辺市消防本部,和歌山県)
JPTEC近畿:澤田 仁(京都橘大学健康科学部救急救命学科,京都府)
JPTEC中国四国:泊 賢彦(下松市消防本部,山口県)
JPTEC九州:嶋本 政雄(JPTEC九州事務局,福岡県),他

 

JPTECブラッシュアップセミナーの歴史
JPTECは2003年6月に協議会が設立して,またたく間に全国に拡散したが,研修内容が地域で異なることへの憂慮や指導者間の解釈の齟齬や指導技術の格差などに対して,JPTECの質を保証するために研修内容を精査して是正するとともに、地域格差を解消することを目的としたJPTECブラッシュアップセミナーが企画された.
第1回ブラッシュアップセミナーは,2006年3月に関東支部(現在のJPTEC関東)が泊まりがけの2日間で開催した.そしてまもなく2006年5月に,第9回日本臨床救急医学会総会・学術集会(岩手県盛岡市)のプログラムとして第2回ブラッシュアップセミナーが開催された.それ以降、JPTECに関連する知識習得と技能向上を目的として,日本臨床救急医学会総会・学術集会において学会事務局及び当該指定地域組織のご理解とご協力を得て毎年開催されている.
文責:JPTEC協議会連絡調整委員長 須田志優(岩手県立磐井病院)

 

ブラッシュアップセミナーのチラシは>>>こちら<<<から(pdfファイル)

 

【お知らせ】新型コロナウイルス感染症の流行に伴うJPTEC コース規程への対応要領について 11/10再掲

制度部会においてコロナ禍でのコースマネジメントの方針を定めていただき、これが連絡調整委員会で承認されましたので、その内容を掲載いたします。
JPTECファーストレスポンダーコース規程 COVID-19対応 11/9制定
JPTECミニコース規程 COVID-19対応 10/20制定
JPTECインストラクターコース規程 COVID-19対応 10/10制定
JPTECプロバイダーコース規程 COVID-19対応 10/4制定

【お知らせ】事務局の閉鎖について

JPTEC協議会会員の皆様

 

連絡調整委員会委員長 須田志優です.
今般,2020年4月7日に発令の新型コロナウィルスに対する緊急事態宣言を受け,JPTEC協議会事務局におきましても下記の期間で事務局を閉鎖いたしました.
これに伴いまして対応業務につきましても一部制限,一時的に停止させて頂きますのでご了承ください。
なお,お問い合わせにつきましては問い合わせ(hombu@jptec.jp)をご利用くださいますようお願いいたします。
多少のお時間をいただく可能性がございますが,あらかじめご理解いただきたく存じます.

 

【事務局閉鎖期間】
2020年4月 8日から当面の期間

 

【一時中止事業】
・電話・ファックスによるお問い合わせ
・各種手続きの受け付け
・認定証・バッジ等の交付

 

以上,ご不便をおかけすると存じますが,何卒ご理解の程よろしくお願いいたします.
再開の目途,引き続き延長となります際は改めてお知らせいたします.

 

************************************
一般社団法人JPTEC協議会
〒164-0001東京都中野区中野2-2-3
(株)へるす出版事業部内
Tel 03-3384-7448
Fax 03-3380-8627
E-mail:hombu@jptec.jp
http://www.jptec.jp/
************************************

 

JPTECについて

これまでの外傷に関する研究から、傷病者が死に至るまでの経緯や病態が解明されており、容態の悪化を防ぐための救護法が適切に施されなかった場合には防ぎえる外傷死(Preventable Trauma Death:PTD)に陥ることが指摘されています。

 

さらに、重症外傷傷病者に対して早期に救命のための処置治療を行う必要があることから、救急隊には限りある時間のなかで的確かつ迅速な活動が求められていることが明らかになりました。

 

これらの概念に基づいてJapan Prehospital Trauma Evaluation and Care(JPTEC:ジェイピーテック)が生まれました。

 

JPTECは、我が国のすべての病院前救護にかかわる人々が習得すべき知識と体得すべき技能が盛り込まれた活動指針です。生涯教育のプログラムとして活用できる内容として構成されています。

 

現場から病院までの一連の過程、あるいはメディカルコントロール体制下で、関係するすべての職種が一貫した認識に基づいて職務を全うすることが理想です。このことから、JPTEC協議会ならびに指定地域組織は、地域における救急医療の円滑な連携とその普及を図ることを目的として活動しています。

 

(JPTECガイドブックより)

更新履歴
トップへ戻る